制限があるから風俗は良い

自分が主役だから楽しいんですよね

風俗が楽しいのは、自分が主役だからこそだと思います。そのおかげで自分のモチベーションは高いです。もしもですけど、風俗が自分が楽しむものではなく、相手の女の子を楽しませなければならないものならやっぱり気持ちは違っていますよね。それよりも、自分がどれだけ楽しめるのかを考えた方がやっぱり楽しいじゃないですか。もちろんどう楽しむのかは人それぞれですけど、自分は風俗は自分が主役になって楽しめるものだなって思っていますけどね。誰を選ぶのかも基本的には自分次第じゃないですか。さらにいえば、そもそも風俗で遊ぶのかどうかもまた、別問題なんですよね。それって言い換えれば、風俗がどれだけ楽しいのかもまた、人によって違うとは思いますけど、すべてはお客が主役ってことだと思うんですよね。それだけに、風俗では自分の中で唯一無二の娯楽と言っても決して過言ではないかなって思っています。それがまた楽しいから辞められないんですよね(笑)

ピンサロは刺激が十分な場所です

これ以上の刺激はないと思うのが風俗ですけど、その中でも刺激的なサービスと言えば自分はピンサロを挙げたいですね。ピンサロと言えば刺激よりもむしろ手軽な風俗としての知名度の方が高いかもしれません。他の風俗よりも明らかに安い設定となっていますので、その点が売りなのも分かりますし、そこが魅力だって思っている人もいると思うんです。でも、自分にとってピンサロは刺激が一番の魅力なんですよね。遊んでみると分かるんですけど、いろんな女の子がいるのが分かるのと、部屋で仕切られているのではなくてフロアで仕切られているので、目が慣れてくると暗闇の中で何が行われているのか、何となく見ちゃうんですよね(笑)他人のそれが見える。それは自分には相当刺激的なものだと思うんです。映像以外で、肉眼でそんなことを見かけるようなことって日常生活云々と言うよりも、普通に考えて滅多にないじゃないですか。だからこそ、ピンサロは刺激があるんです。