制限があるから風俗は良い

足が綺麗な子が好きなんです

全身綺麗な風俗嬢が理想ですけど、自分の中では足ですね。綺麗な足の風俗嬢はやっぱりそれだけでもありがたいというか、見ているだけでも惚れ惚れしてくるんですよね。そして、足を舐めたりすると、更にこちらの興奮も高まってくるんです。この好循環が生まれるのは、綺麗な足の風俗嬢の特権だと思うので、風俗では美脚と呼ばれているタイプの子を指名するようにしているんです。足が綺麗だと、男としてそそられるじゃないですか。その足が絡みついたりする…想像力も刺激されるじゃないですか。しかもいろいろな形で楽しめるし、最後に足に出したりすることもあります。美脚がとっても素晴らしいからこそ、風俗では出来る限り美脚を選ぶようにしています。それに思ったんですけど、美脚の風俗嬢って大抵スタイルも素晴らしいんです。普通に考えたら足だけが綺麗ってパターンの方が珍しいですもんね(笑)だから美脚を選んでおけば間違いないって言う気持ちがあるんです。

気負うとどうにもならないからこそ

風俗ではリラックスして遊ぶよう心掛けているんですよね。そうじゃないと、結局大切なことなのに気負ってしまって、結局あまり良い効果を生み出せないんじゃないかなって思うんですよ。それよりは、やっぱりリラックス。それによって、女の子とも普通に向き合えると思うんですけど、でも最近の綺麗な風俗嬢を前にすると緊張してしまいますよね(笑)だから風俗では自分との勝負だなっていつも思います。心の中では平常心をって思っているんですけど、いざ美人を目の前にしたら平常心なんてどこかに吹っ飛んでしまうんです。まぁそれはそれで楽しいプレイになる物だとは思うんですけど、ただあまりにも平常心が吹っ飛んでしまうと、自分でも何をしているのか、されているのかさえよく分からないので、なるべくなら平常心とまでは言いませんけど、自分が何をしているのかくらいは覚えておきたいんです。それがいわばこれからの自分の風俗のテーマなのかなって(笑)